広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

本の一覧に戻る
オキナワを歩

オキナワを歩

学生は何を見 何を感じたか
沖縄戦跡巡礼の3日間

数多くの犠牲者を出し熾烈を極めた沖縄戦。その激しさと、戦争の悲惨さを昨日のことのように語る元なごらん学徒隊員であった大城信子さん・上原米子さんのもとを訪ねた、広島経済大学岡本ゼミナールを中心とする学生たち。岡本ゼミ恒例となった、沖縄巡礼の中で、彼女の言葉は学生たちに何を感じさせ、何を残したのだろうか。メディアでも取り上げられた、この巡礼の旅は、日本の未来を担う若者の心をどう突き動かしたのだろうか。沖縄戦を体験した語り部役を、現代の学生たちが文章と映像とで伝承した第5弾(DVD付き)。

★著者 
広島経済大学岡本ゼミナール(編集)

江戸中期の思想家で都鄙問答の著者である「石田梅岩」を研究テーマとし、活動を続けるゼミ。’06年から学生たち自らが企画し他校の学生も交えて、徒歩での3日間の沖縄戦跡巡礼を行っている。

著者ブログ
http://www.hue.ac.jp/Seminar/sd_oka/

2012/06/09発売
1,029円(税込)
出版社
ノンブル社
体裁ジャンル
単行本 
内容ジャンル
歴史・民族・地理 
ISBNコード
978-4-903470-066-5
  • 本を読んだ感想を投稿する
     
Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会