広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

本の一覧に戻る
お空はもしかしたら魔法つかい

お空はもしかしたら魔法つかい

美しいイラストと
心あたたまるストーリー

『曇りの日はやさしい心で、雨の日は透明な心で、雪の日はまっしろな心で、そのときどきのいろいろな表情で、お空はどんなことでもきいてくれる……。』
「空」をテーマにした童話&詩で綴られる物語。素敵なイラストと心あたたまるストーリーは、大人が読んでも癒され、励まされる。また、発売から4年たった今でも、子どもたちから愛され、読み続けられている一冊。体裁もとても美しく仕上げられており、イラスト画集としても、詩集としても見ごたえ十分。子どもたちへのプレゼントにも、とても喜ばれる仕上がりとなっている。

★著者 
原野 りー

短期大学保育科卒業後、約5年間、幼児教育に従事。現在2人の母。2003年9月童話のホームページ『草原』を開設。季節の童話・詩・連載物語「草原日記」など掲載している(このデータは書籍が刊行された当時に掲載されていたもの)

著者ブログ
http://field8.fc2web.com/

購入
2006/05/01発売
1,500円(税込)
出版社
ザメディアジョン
体裁ジャンル
絵本 
内容ジャンル
エンターテイメント アート 
ISBNコード
978-4902024968
本を読んだ人の評価
Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会