広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

本の一覧に戻る
山まゆ紬

山まゆ紬

可部の伝統と
手仕事の温もり

広島市安佐北区可部地区では、昔から山まゆ紬の伝統が残されていた。しかし現在では、その伝統の担い手が減少し忘れ去られようとしている。そこで、山まゆの魅力と手つむぎの温もりを、もう一度見直そうと発足したのが「山まゆ同好会」。著者はその山まゆ同好会で活動する傍ら、自宅でも山まゆを飼育し、糸を紡いで数々の作品を作り出している。この本では、山まゆの生態や手つむぎの製法の紹介のほか、可部紬を通して見る可部の歴史などが集約されている。魅力的な山まゆと、丹精込めて仕上げられる手つむぎ仕事の世界へいざなってくれる一冊。

★著者 
原藤ちはる

広島市安佐北区可部地区に伝統産業であった、山まゆ紡ぎを伝えるために発足した「山まゆ同好会」において、活動を行う。自らも山まゆを飼育し、糸をつむいで作品を手がけ、展示会などでその魅力を伝えている。

2009/08/29発売
0円(税込)
出版社
体裁ジャンル
単行本 
内容ジャンル
ホビー 暮らし 
  • 本を読んだ感想を投稿する
     
Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会