広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

本の一覧に戻る
親子をつなぐ サポートブック

親子をつなぐ サポートブック

家族の愛を育む
あたらしいツール

闘病中の親子が、その絆を深めるため広島の医療関係者と市民が協力し製作した、絵本。「おとうさん、おかあさんのすきなところは?」、「いっしょにしたいことは?」など、親子間でなされる20の質問に、子どもが自由に書き込めるスペースが作られている。患者と家族の心のケアに着目した先駆的な取り組みとして、全国から注目され、各地の施設にも配布されている。闘病のみならず、親子間の絆をより一層深めるためにも、活用したい。イラストはで、人気の絵本作家ふくだとしお、あきこ夫妻が手掛ける。

★著者 
サポートブック製作プロジェクトチーム編
accototoふくだとしお+あきこ絵

がん治療の現場である国立病院機構呉医療センターなどの看護師や医師を中心に、心理療法士、色彩プロデューサー、翻訳家たち20名が強力し、製作チームを設立。政策医療振興財団の助成金を受け出版に至った。

購入
2009/09/29発売
525円(税込)
出版社
PHP研究所
体裁ジャンル
新書 
内容ジャンル
暮らし 福祉・介護・社会保障 
ISBNコード
978-4-569-77272-1
  • 本を読んだ感想を投稿する
     
Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会