広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

エディターroom

Hiroshima Book Web

ヤマダさんのタワゴト

夏の思い出

2014/08/25

なんか夏っぽいことしたいなーということで、先日、ちゅーぴープールに行ってきました。

着いてすぐ、「とりあえず焼そばだろ」と焼そばを食べ、
浮き輪を買い、プリクラを撮った時点で結構満足してしまいました。
全然水に入ってないのにこの満足感ですよ。ちゅーぴー恐るべし。

で、浮き輪ってやっぱり現地で買うと高いんですよね。

大人用が、80センチで2500円とかでした。
需要と供給ですね。

売店のおじさんに、「みんな大体80センチぐらいですかねー?」と聞いた所、
「ほら、あの子が持ってる3coinsで売ってるのと同じ型のがこの80cmのだよ〜」と教えてくれました。
たぶん、おじさんの親切心だと思うんですけど、3coinsのくだり完全にいらないですよね。

300円で買えるものを今まさに2500円で買おうとしてる人にかける言葉としては、完全にいらないですよね。

このくだりを書いてて思い出した話していいですか。

最近友達と飲みに行った時のやりとりなんですけど、

友達「俺、このバー10年ぐらい前から来とるんよ」
山田「へ〜常連じゃないですか!」

店員「10年前は、まだお店無いですね〜」

友達「そうだっけ?あれ?7年ぐらい前かな?」
山田「それでも十分長いですよ〜」

店員「あ、もうすぐ6周年ですよ」


という場面に遭遇して、震えました。
これも店員の親切心だと思うんですが、完全にいらないですよね。

私も(10年前は無かったよな〜)と思いながら聞いてましたよ。
でも、ちゃんと恥をかかせないように「そうなんだ〜!」的な相槌してたのに。

最近、言わなくていいこと、知らなくていいことをグッとこらえたり、

知ってるけど知らないふりするほうがいいことを自分の中で静かに消化するのが私の中でブームです。


誰も得しない親切心に関する話でしたw


ヤマダさんのタワゴト

エディタープロフィール

ヤマダさん

気づけば入社6年目の女。

エディターroom一覧

Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会