広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

注目の著者インタビュー

今井絵美子さん

1

『願の糸』 立場茶屋おりき

2012/02/03

『願の糸』 立場茶屋おりき(ハルキ文庫 660円+税)

●立場茶屋おりきシリーズはどのようにして生まれましたか?

 立場茶屋おりきシリーズは、2006年11月に『さくら舞う』で刊行されました。「江戸を舞台にした庶民の話を書いてほしい」という出版社からの依頼がきっかけでした。
 それで、品川宿を舞台にしようと考えている時、私が東京に住んでいたころによく通っていた居酒屋を思い出したんです。中野の「立場茶屋 広重」という小さな店でした。私はその当時“立場茶屋”の意味がわからなくて、おかみさんに「立場茶屋ってどういう意味ですか?」と尋ねました。すると「昔、品川は東海道の最初の宿場町で、道行く旅人が立ったままお茶を飲むような茶屋があった」と教えてくれました。それが記憶に残っていて、「そうだ! あの立場茶屋があった!」と思いました。そこのおかみさんは、着物姿にたすきをかけて、真冬でも素足に下駄をはき、いろりでお燗をしてくれる――そんな人でした。あのおかみさんがもしも江戸時代に生きていたらこんな感じだろうなぁ、と。こうして気風が良く、涙もろく、人情深い“おりき”が誕生しました。
 この『願の糸』で9冊目になります。「これだけ書くのによくストーリーに詰まりませんね」と言われますが、今や私が作り出した登場人物たちが勝手に動いてくれるんですよ。書きながら私自身が「へぇ〜、こんなふうになるんだぁ」って。私が最初の読者みたいなものです。


●料理の場面が多いのはなぜですか?

 もともと料理を作ることが趣味なんです。自分が食べるよりも人に食べさせることが好きで・・・。出版社の人たちは私の家を“居酒屋いまい”なんて呼んでいます(笑)
 立場茶屋おりきシリーズもそうですが、私の小説には必ず料理が出てきます。あるとき角川春樹社長に「もっと料理を前面に押し出したら?」と言われ、さらに料理の場面を増やしました。
 江戸時代の料理についてもちろん勉強しましたし、私の想像をミックスさせて作り出す料理もあります。次の新刊『雪割草』(2012年3月刊行予定)で書いた「牡蠣のもろみ漬け焼き」は実際に自分で作ってみました。牡蠣を料理酒でぷくっとなる程度に煮て、みりんで練った味噌に一晩漬け込みます。それを軽く焼いて食べたら、すごくおいしかったですよ!
 料理の器や花については、母が福山で画廊をしていたことがすごく役に立っています。母は誰に対しても気配りのある人で、みんなから慕われていました。おりきのモデルは「立場茶屋 広重」のおかみさんでもありますが、もっと言えば私の母です。


●時代小説にこだわるのはなぜですか?

 実は、時代小説を書き始める前まで純文学を書いていました。30代半ばに作家を志してからいくつもの小説を書きましたが、書いても書いてもダメでした。流行の移り変わりについて行けず、私が書くものは「古い」と言われました。
 転機は藤沢周平の時代小説との出合いです。もう、はまってはまって! 書かれている時代背景こそ江戸ですが、内容は私が書きたいと思っていたことそのものでした。人間が描かれていたのです。純文学で古いと言われるのなら、いっそのこと時代を江戸に移せば自分の書きたいことが書けるんじゃないかと思いました。
 そして2003年、あれだけ泣かず飛ばずだった私が、時代小説に転向して最初に書いた作品「小日向源伍の終わらない夏」で「九州さが大衆文学賞大賞」をいただきました。時代小説のほうが、むしろのびのびと書けるんです。
 現代も江戸時代も、人間の感情は大きく変わらないと思います。逆に、現代のありさまに腹の立つことがあります。江戸時代の犯罪には貧しいがゆえの理由があったと思います。それが今は、理由もなく一時的な感情で人を殺めるような犯罪がおこりますよね。暮らしは豊かになりましたが、どこか殺伐としているように感じます。きっと江戸時代の日本はそうじゃなかったと思うのです。時代小説ファンが増えてきているのも、そんな思いが皆さんの心の中にあるのではないでしょうか。
 しかし、昨年の東日本大震災で日本人の良さを改めて感じました。秩序を守り、支えあう姿は世界に賞賛されました。震災があったのは、ちょうど『願の糸』を書いている時でした。作品の中でも、大きな地震で家族を失った子どもたちが生きる姿を描いています。


●小説を書く上で大切にしていることは何ですか?

 「人は情けのうつわもの」という江戸時代の言葉があります。この言葉が私の全作品の主流となっています。「人は情けをもって人に接していれば、必ずや巡り巡って自分に戻ってくる」という意味です。人は一人で生きているのではなく、みんなが支えあって生きていることを、小説で伝えていきたいです。読者の多くは40代以降の方ですが、できれば10代や20代の方にも読んでもらいたいですね。読めばきっとおもしろいと思ってもらえるはずですし、日本語がいかに表現豊かな言語か、感じてもらえると思います。

1
今井絵美子さん

著者プロフィール

今井絵美子

いまい・えみこ/1945年、福山市生まれ。成城大学文芸学部卒業。画廊経営、テレビプロデューサーを経て執筆活動に入る。2003年、第10回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞受賞。他の著書に『鷺の墓』『梅の香――出入師夢之丞覚書』『雲雀野――照降町自身番書役日誌』『恋しい――夢草紙人情ひぐらし店』『泣きぼくろ――便り屋お葉日月抄』『麦笛――すこくろ幽斎診療記』『美作の風』などがある。

注目の著者インタビュー一覧

Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会