広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

注目の著者インタビュー

椋木まこのプレミアム・ハーブソルトレシピ集VOL.1

椋木まこさん

1

椋木まこのプレミアム・ハーブソルトレシピ集

2017/06/20

椋木まこのプレミアム・ハーブソルトレシピ集VOL.1

椋木まこ先生オリジナルのハーブソルトを使った初のレシピ集。著書「椋木まこのプレミアム・ハーブソルトレシピ集VOL.1」についてのお話を伺いました。


本を出版されたきっかけを教えてください。

昔から「本を出したい」という夢がありました。人に会う度にそんな話をしていたんですよ。知り合いが新しく出版社を始めることになり、初仕事として本を出さないかと声をかけていただき出版することになりました。

私たちの体は、毎日食べているものからできています。何を食べるのかだけでなく、いつ食べるのか、どう食べるのかが大切。食習慣は、日々の家庭での食事の積み重ねです。若いお母さん達にはできるだけ家で作ったご飯を、感謝しながら食べる習慣を作って欲しいと思っています。ハーブソルトを使った美味しい料理が簡単にできるこの本が、家庭での食事の応援になれば嬉しいですね。


この本のこだわりを教えてください。

9種類のハーブがブレンドされたオリジナルのハーブソルトと、生姜やガーリックが入ったオリジナルのガーリックソルトを使った料理を紹介しています。ハーブソルトを使う良い点は、美味しいことと健康になること。どんな料理でも味が決まるので、ちょっとした料理店よりも美味しくなりますよ。

ハーブの薬効で免疫力が上がり健康にもなるので、ハーブを日々の食事に取り入れて欲しいですね。この本ではハーブを使った特別な日の料理ではなく、日々の食事のメニューになる料理を、肉・魚・野菜にわけて紹介しています。椋木まこ公式オンラインショップでは、2種類のハーブソルト付きで本を購入していただけます。


本を作るのにあたって大変なことはありましたか?

レシピ本は、この通りに作って美味しくできることが大切です。料理教室だと口頭で説明を付け加えることができますが、本は言葉の表現だけになるので難しく感じました。1冊の本の中で表現を揃えるなども、今まで考えたことがなくて。その作業がとても大変でした。

料理の写真の撮影も大変でしたね。自然な写真にしたかったので、撮影用のライトも使わず自然光で撮影しました。自然光での撮影はお天気に左右されたので大変でしたが、素敵な写真になっていて満足です。


本を出してからの反響はいかがでしたか?

すごくありましたよ。本を買ってくださった方から「こんなに美味しいのを初めて食べた」「食べないだろうと思っていた子どもが、たくさん食べた」などのメッセージをいただきました。本を見て「ぜひ、うちでハーブ料理を教えてください」と講座依頼をいただきました。中国地区だけでなく、全国の人からメッセージをいただけるのが嬉しいですね。


これからの目標を教えてください。

「プレミアム・ハーブソルトレシピ集VOL.2」を出す予定です。次はスープの本にしようと考えています。スープを選んだのは、消化吸収の良いスープで元気になれるから。「TERESA」のランチでもスープは人気のメニューで、このスープで元気になれたというお客様もいらしたんですよ。

私とハーブの出合いは、自分が体調を崩したことがきっかけ。食欲がない時でもスープだと飲むことができて、そのおかげで元気になれた気がします。手軽で簡単に作れてスープ1品でも十分おかずになる、そんなスープを紹介したいですね。

いつか自伝にも挑戦したいと思っています。生い立ちやハーブに出合うまで、出合ってからなど、私が生きてきた歩みとハーブや食事についての本が書けるといいですね。


1
椋木まこさん

著者プロフィール

椋木まこ
むくぎ・まこ

料理を通してハーブの力を伝える料理研究家。フィトセラピスト(自然療法師)。1998年よりハーブを使った料理教室を開催。2005年には広島市西区にハーブの魅力を発信する拠点ハーブカフェ&マーケット「TERESA(テレーザ)」をオープン。そこでの教室やイベントの他、広島クッキングスクール、中国新聞文化センターなどでも講師も務める。

注目の著者インタビュー一覧

Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会