広島の本|広島の出版物と、広島にゆかりのある出著者・出版物を検索・紹介するWebSite

本の一覧に戻る
ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」

ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」

職場は、学校

携帯ショップで働く、派遣社員出身のサラリーマン。なにも分からないところからスタートした仕事は、先輩に怒られ続ける毎日。しかしその中で成長し、仕事だけでなく人として必要な気づきがたくさんあった。「仕事ができる」「結果を出す」よりも大切なこと。それは一体なんなのだろう。仕事を通して分かった、人としての成長。等身大のサラリーマンが実体験を元に、仕事に対する姿勢、人との向き合い方、そし人として成長する意義を説く。どんなビジネス書よりもリアルで、どんな啓発本よりも説得力があるであろう一冊。成長する楽しさが分かれば、仕事はきっと楽しくなる!

★著者 
福島雄一郎

1978年広島県生まれ。18歳のとき、自転車で日本一周をし「自転車日本一周旅の日記」を自費出版。その後、さまざまな職に就き2000年、大手通信会社に派遣社員として入社。厳しい指導者の下で多くのことを吸収し、異例のスピードでドコモショップ店長に昇進。現在も5店舗を任される現役店長

購入
2009/01/15発売
1,200円(税込)
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
体裁ジャンル
新書 
内容ジャンル
経済・ビジネス ノンフィクション 
ISBNコード
978-4-88759-684-9
  • 本を読んだ感想を投稿する
     
Copyright@Themediasion.co.,ltd  相互リンクはこちら
株式会社ザメディアジョン 新卒採用のコンサルティング・アウトソーシング 広島グルメwalker 合同説明会&就職勉強会